初心者エンジニアが圧倒的なスピードで成長する方法

 

f:id:bunta6:20170727005219j:plain

 

 私はまだ4ヶ月しかプログラミングをまともにやったことがありません。ですが、現在開発チームの社員さんと共に開発をバリバリ行なっています。

 

 それだけでなく、新しくくるインターン生の子に指導も行なっています。その指導した際や、自らプログラミングを学んだ際に感じたことがあります。

 

 人によって成長スピードが全然違うのです。

 

 この成長スピード、はたまたプログラミングを諦めてしまう人に対して多くの人たちはこう言います。プログラミングにはセンスが必要。

 

 私はこう言う人たちが正直苦手です。笑 なぜかと言うと可能性を潰してしまう言葉だからです。

 

 センスがないと言われた、もしくは感じた方はきっとプログラミングに対してやる気を失ったり嫌いになってしまうでしょう。私はそれをとってももったいないことだと思っています。

 

 私も大学1年の時初めてプログラミンに触れた際は、全くできませんでした。課題は全て友達にやってもらっていました。笑 それこそ私には向いていないと考えていたからです。

 

 しかし、プログラミングが必要になりちゃんと向き合うようにした時、学び方を変えようと思いました。

 

 その方法とは、なぜ?を考えるということです。

 

 このなぜ?は質問した際に教えてもらったときに度々発生します。多くの初心者の方が質問したとき、回答を受けてもわからないことが多いと思います。

 

 そのときなぜこのコードはエラーが起きるのか?なぜ先輩のコードは動くのか?というところを納得するまで質問したり、噛み砕いてもらう必要があります。

 

 これをなおざりにし、言われた通りにただ書き作ってはいけません。その時は早く完成し、ちやほやされるかもしれませんがあとでつけは必ずやってきます。応用が全く効かないのです。

 

 私はこのなぜ?を徹底的に潰していきました。そうすることで応用をすることができ、他のコードと通ずるものはすっと理解でき結果的に大きな差となるのです。

 

f:id:bunta6:20170727005215j:plain

 

 このなぜ?を考えることは容易ではありません。解決するのに長くかかってしまうこともあります、先輩が忙しく深く追求することができない場合もあるでしょう。

 

 しかし、どんなに時間がかかってもその時に解決した方が大きな結果が後に付いてくるのです。愚直に確実に1歩ずつ進むカメに、うさぎはどの時代も勝つことはできないのです。

 

 なぜ?を考えることの大切さを意識しながらプログラミングをすると成長スピードは何倍も違ってくるかもしれませんね。

 

 ではまた!

 

 

初心者エンジニアは勉強するな

 

 私はプログラミングを始めて4ヶ月ほどです。短い期間でまだまだ初心者の私ですが、新たにくるインターン生のために指導をさせてもらったりしています。また友達にもプログラミングを始めようと考えている人がいてアドバイスをしたりします。

 

 私がその指導や相談する時に言うことは、なんでも勉強してはならないということです。

 

 なぜなんでも勉強してはいけないかと言うとそれは果てしなく、ほぼ無限に広がるものだからです。プログラミングを学ぶ理由の多くは何か作りたいものがある!というところからきていると思います。

 

 その何か作りたいの何かのためにだけ、勉強するべきだと思います。(特に独学で学んでいる初心者の方は。)

 

f:id:bunta6:20170727002042j:plain

 

 

 独学で学んでいると、わからない時に気軽に聞く環境がありません。そして孤独にエラーとにらめっこすることが多いのです。それはとても苦しいものです。そしていつのまにかプログラミングを学ぶことが目的になり、嫌になりやめてしまうのです。

 

 あなたは自分が作りたいものに対して、使命感を感じ、それに対して愚直に情熱を注ぐべきです。その手段の一つとして、プログラミングなどの技術が存在するのです。

 f:id:bunta6:20170727002046j:plain

 

 あなたが作りたいものにユーザーを管理する必要があったらサーバーを勉強する。スタイリッシュなデザインでユーザーを驚かせたいならUIなどを学ぶ。

 

 そうやって学んでいく方が身にもなるし、何より一生懸命になれるのです。

 

 時間は有限です。勉強できることは限られています。あんたは何を学ぶべきで何を捨てるのか選択を常にし考えることを意識してほしいと思います。

 

 以上で初心者の方の指導の時に感じた話を終わります。笑

 

 ではまた!

初心者が最短でアプリを作る方法

 

 先日インターン先で初心者エンジニアさん向けたアプリ開発の仕方を教える機会がありました。10数名ほどきていただいて、そのほとんどがプログラミングをあまり経験したことがない1年生の大学生でした。

 

f:id:bunta6:20170726234346p:plain

 

Corona: Free Cross-Platform Game Engine

 実際に何でアプリを開発するかというと、Coronaというクロスプラットフォーム?というものでアプリを制作していきます。要はアプリを作るための工具箱のようなものだと思っていただければいいと思います。

 

 Coronaの開発言語はluaというもので、これまたマイナーな言語だと思います。笑

実際私自身、就活を行ってluaを使えます!と言ってもほとんどの面接官はピンときておりませんでした。笑

 

 しかし、Coronaは本当に簡単にアプリを制作することができます。実際に作ったのはこの2つです。

 

f:id:bunta6:20170726234106p:plain

 

1つは四角のものをタップすると上に跳ね、色が変わるというもの。

 

 

 

f:id:bunta6:20170726234110p:plain

 

 もう一つはランゲームのようなもので、猫がジャンプしたり、コインを獲得したり、敵(ネズミ)と衝突したり、魚をとって体力を回復したりするゲームです。

 

 このようなアプリが半日でみんな作れるようになりました。そのぐらいこのCoronaというものは簡単にゲームを作ることができるのです。

 

 下のランゲームでいえばアプリの中でも割と本格的なゲームになります。少し改造していけば十分大手が作っているランゲームのシステムと一緒の物になると思います。

 

 他にもCoronaを使って、snsを作っている会社もあります。もっともっと本格的なゲームもCoronaで作ることができるのです。

 

 さらにCoronaの良いところはmacを使っていればiosandroidのどちらでもリリースすることができるのです!swiftやjavaでそれぞれの端末でしかアプリを作ることができません。しかし、Coronaはどちらでもできるのでとても便利ですね!

 

 もし、あなたがゲームを作ってみたい。snsを作ってみたいというのであればCoronaはとても良いものだと強くオススメします!

Corona: Free Cross-Platform Game Engine

 

少しでも多く、Coronaを使ってくれる仲間が増えると嬉しいです。

ではまた!

アプリ制作

 

 スマートフォンアプリを制作する!!

 

 私は現在地方の大学4年生です。インターンに通いながらプログラミングを学んでいるんですが、とても困った問題が1つ。

 

   お金が全くない。。。

 

 というのも、インターンというのは勉強ということもありあまりお給料が高くありません。さらに成果報酬という給料体制なので、成果を上げきれていない私には微々たる給料しか入ってこないのです。

 

 しかし、お金はやっぱり必要。そこでアプリを普段作っているのだから個人でアプリ開発をしよう!と考えました。アプリ開発自体は普段の業務で培われているので作ること自体はそれほど難しいことではありません。

 

 しかし、問題は収益が上がるのかという所。。。

これは結局一番大事。人に使ってもらって初めてその物に対して価値が出るというのはあの武井壮さんもおっしゃっています。

 

www.youtube.com

 

この動画とても勉強になるので聞き流すだけでもしてもらいたいですね!

 

 現在通っている、インターン先の副社長にも学生のうちに起業したらいい。学生のうちは失敗しても潰しが効く。というふうに教えていただいています。

 

 さすがに私は起業する自信はないので、1つアプリで多くの人に使ってもらえるサービスを作ろうと考えています。

 

 何を作るかはまた記事に書きます。ではまた!!

初心者による初心者のためのプログラミング入門

プログラミングの始め方

 
 今日は私がどのようにしてプログラミングを始めているかを書きたいと思います。
ちなみに私が本格的にプログラミングを始めてから2ヶ月ちょいくらいなのでこれが一番良いやり方!とまでは言い切れませんので、参考程度に読んで頂けたらと思います。:-)
 
 まず一番最初に私が始めたことは授業でやったことのあるC言語の復習でした。当時の私は全く興味がなかったので、授業など全く聞いていませんでした。 笑
 
そこで教科書として使っていた、ハリーポッターの本のような分厚い参考書をまず一通りやってみることにしました。その本は超初心者向けに書かれていたため、意外にもある程度理解できていたような気がします。あくまで気がする程度ですが 。笑
 
C言語はポインタという概念が難しくそこでつまずく人が多いとネットでもその本にも書いていました。かくいう私もまんまとつまずきましたので、さっさと諦めてあげました。←なぜか上から(笑)
 

大事なのは完璧を望まないこと?

 
 しかし!この諦めるということが意外にも初心者の方には重要な要素だと私は思います!少しでもプログラミングをやったことのある人はわかると思います。つまずきポイントが山のようにあることを 笑
 
 中上級者の方にとってなんでもないことが、私たち初心者にとってとてつもなく難しいことだったりします。環境構築はさておき、文法のこれの意味がわからない。と言ってずっと悩んでいたら全く進めることができません。とりあえず最初のうちは使い方さえ理解していればオーケーだと私は考えています。
 
 小難しいことは置いといて、とりあえず何かを作ってみたりして後から振り返るとこういうことだったのか!となることが多いのでまず理解することよりも使ってみることが大事だなと感じました。
 
 でも、これが理解できないと先に進めない。どうしてもこれは理解しておかないといけないという場合もあります。そのときは友人に聞くなり一番近くにいる人に頼るのが一番良い方法ではないかと思います。
 
 でもでもでも周りにそんな人いないよーという方もいると思います。私の場合C言語の時は同じように授業を受けていた友達に聞くことができました。しかしRybyの場合、場所が田舎だったこともあり、周りにやっている人が全くいませんでした。そんな時はネットにあるプログラマーがよく使う質問できるサイトがあるのでそれを使ってみると良いと思います。
 
 こういうサイトは意外と質問してからの返事がとても早いです。多くの初心者が抱える問題はすでに解決済みの質問としてあることが多いのでまずはそこから同じ問題はないか探してみることをお勧めします。
 

コードを書く。悩む。自分の作品を作る。悩む。コードを書く。⚠︎以下略...

 
 やはりプログラミングはコードを書いてなんぼだと思うので、本を読んでばかりではなく、書いてみることが大事だと思います。本に書いてある通りに書いてみてもエラーが出てくることは多々あります。多くの場合が写生ミスです。 笑 そのエラーを解決する力もプログラミングにおいてとても大事な部分であり、嫌になる部分であると思います。 笑
 
 自分の作品を作ること、これは初心者にとってとても大事な部分だと思います。どんなにシンプルなコードで本に書いてあったものをすこーしだけ変えただけのものであったとしても思ったように動いてくれたときの感動と喜びは毎回ですが最高です。 笑
 
 モチベーションを保つためにも復習や理解を深めるためにも作品を作ることが一番いいことだと私は思います。
 
 
 
 私一個人の意見としては1時間も悩むのであればすぐ相談したり、質問していたりすることが良いと思います。初心者の方は圧倒的にエラーで悩んでしまう時間が多くあるので、この時間をいかに少なくしていくことが初心者脱却への近道だと考えます。
なので一番いい上達法はいい相談相手を探すことが良い方法なのかもしれませんね。 笑
 
今日のところはこれぐらいにしておきます。
ではまた!!!

改めての自己紹介

 
 
こんばんわ!
今日はちゃんと自己紹介もできてなかったので最初に自己紹介からしたいと思います。
 
名前:ぶんた
出身:鹿児島県
職業:大学4年の学生
趣味:サッカーのなどのスポーツ
やっているプログラミング言語:C、RubyLua(どれも中途半端に本を1冊やったぐらいですw)
将来の目標:世界の人に使ってもらえるサービスを作ること
 
 
私はぶんたと言います。鹿児島に住んでいて、南国育ちです。 鹿児島は本当にいいところで、
黒豚しゃぶしゃぶや豚カツなど美味しいものがたくさんありますよ!行かれたことのない人は是非来て欲しいです! 笑
 
前回も言った通り大学の4年生で今は絶賛就活中です。w プログラミングの勉強に就活と忙しい毎日ですが、この気持ちで生活してる人も多いはず!共に頑張りましょう!
趣味は主にスポーツ全般で幼稚園生の頃から、大学4年までずっとサッカーを続けてきました。大学もサークルではなくて部活動に入るぐらいサッカーばっかりの生活を送ってきました。笑
 
私が今までやってきたプログラミング言語は上記に書いた通りですが、どれもマスターしているわけではなくて、1つなんか作ってみたよ?ぐらいの感じです。 笑
現在一番にやっているのがLuaという言語です。あまり聞きなれない言語でないかと思います。私もインターシップに参加するまでは知りませんでした。今勉強して2週間ちょっとなんですがそんな短さでマリオみたいなゲームが作れてしまうぐらい簡単な言語で、スマホゲームを作ってみたいという方にはぜひオススメしたい言語でもあります!
 
私の目標はざっくり言うと世界の人に使ってもらえるサービスを作ることです。なぜこれが夢かというのはおそらく、かっこいいから。。。
そんな甘い世界でないのは私でさえもわかりますが、夢は大きく持てと私の好きなサッカーのプロ選手、本田圭佑さんもおっしゃっていました。
彼の言うことに反感を持つ人も多くいますが、私は彼をとても尊敬していてそんな彼のようになりたいとも思いました。(サッカーの面だけでなく、性格的な面で)
 
今日はとりあえず、この辺で自己紹介を終えたいと思います。
今後は私の就活でのことや、プログラミングの話などを中心に書いていきたいと思いますので、少しでも興味のある方はこれからも読んでいただけれたらなと思います。:-)
 
ではまた!!!

これからエンジニアとして生きていくために

  エンジニアを目指す

 現在の私

 私は現在地方大学に通っている4年の学生です。もうすぐ卒業式に入りますが、私は卒業しません。ちなみにそれは単位が足りなくて留年してしまったとかではなく、あえて休学しあと1年、学生として残ることにしました。もちろんこれからまた就活をしていきます。
 

 なぜ学校に残ることにしたかを書くと長くなるので簡単に言うと、エンジニアになりたいと思ったからです。就職活動も終え後は卒業だけと考えてた私が、12月の末に行われていた特別な講義をたまたま受け未経験の私がエンジニアを目指すことにしました。


 なぜブログを書くことにしたか

 プログラミングを勉強してエンジニアになろうと考えている人や、これから就活をしてエンジニアになろうと考えている人は今の時代とても多くなってきていると思います。そのような人たちに向けて、一緒に頑張っていこうという気持ちでこのブログを書いていこう考えました。

 私は未経験でプログラミングを独学で学んでいる最中で今もまだ初心者真っ只中ですが、この不安な気持ちは最初に誰もが持ってしまうものだと思います。私の経験(ほとんどが失敗談になると思うが)が少しでも皆さんの糧になればと思います。

 

 これからよろしくお願いします!!